えべす屋工房

色々なモノを作ります

3Dプリンターで故障発生

CNCの部品をひとつ忘れていたので出力していたのですが、そろそろかなと様子を見に行くと97%までいっていましたが、1㎜程度しか出力されていませんでした。ノズルは何も出さず動いています。フィラメントが刺さっていなかったので、フィラメント切れかと思いましたがフィラメントが抜けていました。再度差し込みエクストルーダを送っても出てきません。

故障の原因

原因はノズルの詰まりでした。さっそく分解します。

ヒートブロックが黒いのは印刷に失敗したときのモジャモジャがくっついてしまったからです。今回の詰まりとは関係ないと思います。

アセトンにつけて一晩放置しておきました。匂いがすごいので庭に出しておきました。朝見てみるときれいに揮発していました。

ヒートブロックに付いていたPLAやABSはポロポロと取れました。

ですが、おしりのフィラメントが抜けません。ノズルをヒートブロックから外そうと思いましたが、固く緩まないので諦めました。プライヤーを使ってフィラメントを引っこ抜くと白い樹脂も一緒に抜けました。その白い樹脂はノズル側が少し焦げた色になっていました。白い樹脂からフィラメントを引き抜いたのですが、中に少し残ってしまいました。おそらく1.75くらいの内径なのだと思うのですが、丁度よいサイズのキリがなかったので釘を刺し込みきれいにしました。


白い樹脂をノズルに戻そうとしたのですが入らなかったので、反対側から差し込みました。写真ではみ出している側がもともと先端側でした。最初ははみ出したままで組み直したのですが、フィラメントが引っかかって入らなかったので、はみ出している部分は切り落としました。

無事出力できるようになりました。

白い樹脂の材質は何なのでしょうか?何℃まで耐えられるのでしょうか(-.-)

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です