えべす屋工房

色々なモノを作ります

中華XYテーブルで再び自作フライス

以前失敗に終わったフライス盤をリメイクしてみました。

XYテーブルをキサゲ

かなりの時間を掛けキサゲに挑戦してみました。結果的にはかなり良くなったと思います。

光明丹を塗って定盤の上を滑らせ当たりをみました。赤く残っている部分が定盤に当たっていない所です。

超硬のスクレーパーで高い部分を削り、当たり見て削りを繰り返します( ;´Д`)

全体に当たりが出たので良しとします。

もちろんこの相手側もキサゲしました。めちゃくちゃめんどくさかったです^_^;

送りナット樹脂化

真鍮の送りナットはガタが大きかったので樹脂で作り直しました。あまり意味はないかもしれません。

H鋼と角パイプで

前回はこのように角パイプにアングルを取り付けてその上にXYテーブルを乗せていましたが、この構造だとたわんでしまっていたので変更しました。

今回はH鋼の上にXYテーブルを乗せ、角パイプでコラムを作りました。

テーブル平面出し

Z軸の傾きを調整してテーブルの平面出しをしてみました。

初めはスピンドルの取付板が3Dプリント品だったので剛性が低すぎてテーブルに食い付き深く削ってしまいました。

取り敢えずMDFで作り直し元よりはましになりましたが、やはりZ軸は剛性が低くアルミ切削はしんどいです( ; _ ; )

光明丹を塗って切削しました。赤く残っている所は食い込んで深く削ってしまった所です。0.05くらいの深さだったので無視します。加工範囲より大きなワークが乗せられなくなってしまったので、板でも貼り付けて嵩を上げようかと思っています。

少しずつ、少しずつならアルミも切削出来そうです。

Z軸が頑丈になればもう少しましになりそうな気がするのですが…(/ _ ; )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です