えべす屋工房

色々なモノを作ります

珪藻土マットの復活

速乾性のある珪藻土マット。長年使っていると初めて使った時の吸い付くような感動が薄れていませんか?今回はあの素晴らしい感動をもう一度、ということで復活させてみます。

吸水性ダウンの原因

マットの表面が汚れてくるとどうしても吸水性が落ちてしまいます。その汚れというのは皮脂が多いと思います。吸水するどころか表面で水が玉状になることも…。

マットの状態

この珪藻土マットは数年使用しており、吸水性が落ちた時に一度紙やすりで表面を浚えました。ですが、不十分だったのか元どおりとまでは行きませんでした。なので今回は別の方法でやってみます。

現状はこんな感じです。

水をかけてみました。

徐々に乾いていきます。新品の頃はもっと早くもっとしっかり乾いていたように思います。

全体に水をかけたはずが吸水していないところもあります。そういった辺りが特に汚れているのでしょうか?端っこなのに全然吸っていないところもあります( ゚д゚)

汚れ落とし

今回は重曹で汚れを落としてみようと思います。

全体に擦り込みます。

水を張って様子を見てみると…。

水を弾いていた(白く残っている)部分から気泡が出ています。

水を吸っている部分は無反応です。

時間もあるので1時間くらい放置しておきました。すっかり気泡は出なくなり、全体的に染みています。

黒カビ?が見えます(°_°)

ブラシで擦ってみると黒カビ?も取れました。ブラシで擦るとマットの表面が少し毛羽立ったようになりました。表面積が増えるのでまあ良いかと思うのですが、気になる場合は乾いてからヤスリで浚えば良いと思います。

水で洗い流し、平らなところに置いて陰干ししておきます。

珪藻土マットも種類によっては水洗い出来ないものもあるとかないとか…。我が家のマットもどちらかは分かりません(-_-;)

半日(28℃くらい)干しましたが、完全に乾いていませんでした。

もう1日陰干ししましたが、まだ完全には乾いていません(-_-;)

完全に乾いていなくても吸ってはくれます。

角も吸うようになりました。完全に乾いたらもっとさらっとするのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です