えべす屋工房

色々なモノを作ります

LOOX(ルックス)でヘッドライトの黄ばみ取り

SLKの天井の内張の修理も終わり、見た目に大きく影響するヘッドライトの黄ばみがずっと気になっていましたのでチャレンジしてみました。

これまでに行った黄ばみ取りはこちらから。

現状

ウインカーのレンズはアクリルなので黄ばむことがなく隣り合わせでよりヘッドライトの黄ばみが目立っています。

角度によってはクリアに見えることもあります。自撮りする人が角度にこだわる様な感じですかね。ですが現実とも向き合わなくてはなりません。

黄ばみ取り

今回ヘッドライトの黄ばみ取りに使用するのはAmazonでも好評の”KURE(呉工業) LOOX(ルックス) ヘッドライト クリア&プロテクト”です。

一時期品薄で定価よりもはるかに高額で販売されていました。私は通常の値段で購入しました。

レンズのゴミを除去してから付属のクロスにこちらを塗布して塗り広げます。

早速塗っていきます。

パッケージの写真を見るともっとモコモコしているクリームなのかと思っていましたがわりとサラサラの液体でした。「白い液が変色して汚れが浮き上がっている!」とテンションが上がりました。

拭き取ったクロスには茶色くなった液がべっとり。

変わった?汚れが取れているということは黄ばみは取れているのでしょう。

塗っては拭き取りと何度か繰り返しましたがここらが限界かと。写真を見ると綺麗そうですが日差しとホワイトバランスの影響で上の写真と単純には比較できません。

内側が黄ばんでいるのかと思い右側のレンズは殻割りして内側も施工してみました。が、クロスの汚れは黄ばみというより黒ずんだ汚れの方が多かったです。

コーティング

コーティング液はガラスコーティングでボディコーティングの物と似ていました。匂いも同じ様に感じました。

これは黄ばみを取ってコーティングした物の写真です。蛍光灯の下で撮影したものですがこのくらい黄ばみは残ってしまいました。殻割りしたレンズも外側にしかコーティングしませんでした。

以前見たサイトでコーティングのテストを行なっているものがありました。照明を当て紫外線を測定していました。ウレタンクリアを塗装しただけでかなりの紫外線がカットされていました。よくあるヘッドライトクリーナーの塗れているのかよく分からないコーティングよりも効果がありました。

今回塗ったガラスコーティングはおそらくクリアを塗装するのと同じ様な効果があると思います。なので外側だけで十分かなと( ̄▽ ̄)

結果

施工前
施工後

あまり違って見えませんね( ゚д゚)レンズの横から覗き込むとレンズのカット部分が黄色く見えます。

表面はコーティングのおかげか綺麗になった様に思います。

正面から見ると少しマシになったかなあと…。なったのか…?

やはり見る角度で黄ばみが目立ちます。

まとめ

黄ばみ取りを行う前がどの程度だったかよく分からなくなってしまいました。が、綺麗になったとは思います。ですが新品の様とは行きませんでした(新品状態を見たことありませんが)。手遅れという感じです。SLK R170はカットレンズタイプなので特に良くなかったのかもしれません。

そもそもここまで黄ばむ前に黄ばみ取りをすればクリアな状態をキープ出来るのではと思います。

私的には今まで使ったヘッドライトクリーナーの中では1位です。人に勧められる物だと思いました。

今回何度も使ったので結構使いましたが、まだ少し余っているのでジムニーにでも試してみようかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です