えべす屋工房

色々なモノを作ります

SLKの天井に頭を撫でられる

外車あるあるの内装問題のひとつ、天井の内張り剥がれが起きました。前も貼り直していたのですが、夏になり案の定剥がれました( ゚д゚)

知り合いの方のポルシェも同じようなことになったそうです。

症状確認

乗り込む時は気にならないのですが、乗ると何か頭に当たると思ったら天井が低くなっています。少し触れるくらいが一番気になります。

だるーん(゚ω゚)となっています。

幸いオープンカーなので天井を半開きにすると簡単に内張りを取り外せます。

98年10月16日と書かれているので、もう21年も前の車なんですね( ̄∀ ̄)

剥がしてみる

前回補修した時は剥がれているところだけを貼り直しましたが、今回は全体を貼り直します。

バリバリっと剥がすのは気持ちがいいです(´∀`*)

この黄色いのがスポンジのようなもので、これが劣化して剥がれ落ちてきたようです。

ブラシでゴシゴシと剥がしては掃除機で吸い込み除去しました。

少し残っていますがこのまま行きます(これが後に影響を…)。

貼り付け

強力タイプのスプレーのりを使用します。

貼り付けてみましたが、ご覧の通り表面がボコボコに…。下地の処理で手を抜くとこうなります。

またすぐに剥がれては面白くないので取り付けず、しばらく放置しておいて剥がれないか確認します。

はい、案の定一週間ももたずに剥がれました。

今後

今も天井の内張は取り付けていません。どなたか良い接着剤、貼り付け方をご存知ないですか?

今のところ、表面にぼこぼこが出ないようにスポンジを貼り、そして接着剤もスプレータイプではなく木工ボンドを使用する予定です。どうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です